SANKEIの強み 2

(金属+樹脂)×(塑性加工+表面処理)

めっき事業を源流に、塗装、金属塑性加工、樹脂成形加工までを包括。

三恵技研工業は昭和23年の設立以来、金属めっき事業を礎に自動車産業の隆盛とともに事業を拡大。より高い歩留まりを求めて金型づくりのノウハウを内包することに成功すると、上流工程である塑性加工へ技術領域を拡大。さらにプラスティック部材の成形や表面処理も手がけるにいたりました。現在は、(金属+樹脂)×(塑性加工+表面処理)という技術融合によって、新しいニーズに応え、新しい技術に挑戦しています。

  • 素材
  • 塑性加工
  • 表面処理
  • 製品

先進の技術分野や未知の製品分野を開拓。

たとえば、新工法により材料ロスを大幅に改善した薄肉造管成形プロセスの構築。電波や光を透過するアイランドめっきや金属の外観をもった樹脂パーツの開発。樹脂部品と金属部品のアッセンブリー化、さらには四輪/二輪で培った技術や多品種少量生産ノウハウをもとにした建設機械や厨房機器への展開など、コア技術をベースに、先進の技術分野や未知の製品分野を開拓し続けています。

  • 薄肉造管成形ライン(安濃工場)

    薄肉造管成形ライン(安濃工場)

  • NCターレットパンチング複合機(戸田工場)

    パンチレーザー複合機(戸田工場)

  • 美しい外観を実現した魔法瓶

    美しい外観を実現した魔法瓶

  • NCプレスプレーキによる高精度な曲げ加工製品

    NCプレスブレーキによる高精度な曲げ加工製品

page top
SANKEI
© Sankei Giken Kogyo Co., Ltd.